« 平成17年度短答式試験の出題傾向 | メイン | 情報収集 »

短答式筆記試験対策

短答式筆記試験は、マークシート形式の試験です。
問題数が60問対して、試験時間は、3.5時間です。

問題数が60問であるので、一見すると時間が余りそうですが、
問題は、5つの選択枝の中から正解を選んでいく問題で、文章が長いため時間がかかります。

よって効率的な解答が求められます。

また、試験中に法文集などをみることができませんので、必要な部分は暗記が必要です。

以上のことを踏まえ、短答式試験の傾向と対策をまとめてみました。

短答式試験の分析
⇒ 平成17年度短答式試験の出題傾向

短答式試験への対策
⇒ 全般的な短答式試験への対策
⇒ 平成18年度短答式試験への対策

短答式試験の過去問
⇒ 平成17年弁理士試験短答対策一問一答
⇒ 平成17年弁理士試験短答対策○×クイズ