« 治験モニター | メイン | 旅行モニター »

覆面調査モニター

内容

本社がFC店(フランチャイズ)に対して実施する調査が目的で、客として指定された店舗で食事をし、店内の清潔感や店員のサービスなどをチェックします。そしてのちほど依頼元にレポートを提出すると謝礼がもらえるのが、覆面モニターです。
これって以外にないんですよね。やってみるとなかなか面白いですよ。
某焼き肉チェーン店の覆面調査モニターのチェック項目としては、席までの接客態度、トイレの清掃状態、注文した料理が出てくるまでの時間、料理の味、総合的な接客態度など、かなり細かいです。レポート提出時に、店に行ったことを証明するために飲食代の領収書のコピーをファクスする必要があります。
ただし、このモニターは二人以上で参加するのが条件ということが多いです。一人だとあやしまれるからでしょうか?それはいいとして、食費は一旦自腹を切ることになるが、あとから一人あたり3000円の謝礼が出るので、十分元はとれます。

本店は、覆面調査モニターの意見をサービス向上の資料として使っているようです。特に、社員の店員の評価については、名指しでコメントが伝えられるそうです。あまり厳しいことばかり書いてしまうとショックで辞めてしまう人もいるそうです。ですので、“こうしたらどうだろう”といった改善型の提案をするのが、いいでしょう。
 
覆面調査モニターで、サラリーマンやOLが手軽に活用できそうなのが、大手ハンバーガーチェーンのモニターです。ハンバーガーのセット価格530円は無料になるし、さらに、謝礼は安いですが、720円もらえます。昼食事に、この覆面調査モニターを活用すれば、タダで食事ができるうえに謝礼がつくんですから、利用しない手はないですよ。

モニターをするには、事前に会員登録し、サイト上でモニター募集をしている店舗リストから自分の行きたい店舗を指定します。行く日にちを登録しておくことが必要となります。募集人数は多く、使用率が高いもののモニターはうれしいのですが、とはいえ、覆面調査ならではのこんな苦労もあります。

当然のことながら、店員に、こちらがモニターだとバレるのは絶対NGです。だから当然、チェック用紙に店内で記入するのはダメです。でもチェック用紙には店員の名前や特徴を記入する欄があります。だから、メールをするふりをして、携帯電話のメモ帳に書き込んだりする必要があります。

無料で食事ができて、謝礼ももらえ、さらに自分の意見が店のサービス向上に一役買うこともあります。おまけにちょっとしたスパイのようなドキドキ感も味わえます。面白い副業かもしれませんね。